キャッシングローンを利用すると信用情報はどうなる?

金融機関、貸金業者、信販会社、クレジットカード会社、携帯電話会社などは必ず個人信用情報機関に加盟しています。CIC、JICC、KSCという3つの情報機関があり、業者ごとに加盟している機関は異なりますが、いずれか2つの機関に加盟していることが多くなっています。加盟目的は、利用者に対する適正な審査と与信判断のためです。
例えば、キャッシングローンを利用する時には必ず借り換えカードローン審査を受けなくてはなりません。もしも審査不要としているキャッシングローンが存在するなら、それは闇金なので注意しましょう。さて、この審査では、お金を貸してもきちんと返済してもらえるかという与信判断のために行いますが、そのためには個人信用情報機関から他社の利用状況の情報を提供してもらう必要があります。もしも他社で延滞などがあればお金に困っている可能性がある、貸しても正しく返済してもらえない可能性があるということで審査は厳しくなるでしょう。
言い換えると、これまでに融資や割賦払いを受けたことがない人の情報は一切登録されていません。ただ、一度でも申込みをして審査を受けたことがある人の情報は登録されるため、審査に通ろうが落ちようが信用情報として残ってしまい、他社の審査に影響をあたえることになります。
一例ですが、継続して安定した収入を得る、返済能力を超えない借入れをする、延滞や滞納をしない、そうすることでキャッシングローンの審査にクリアできます。